乳酸菌を菌種ごとに解説

NK細胞を活性化する1073R-1乳酸菌

1073R-1乳酸菌という優れた効果を持つ乳酸菌があります。なんと、NK細胞を活性化させることが出来るのです。ナチュラルキラー細胞を略して、NK細胞なのですが、この細胞が人間にとって、かなり重要な働きをしてくれるのです。

NK細胞を活性化させる方法は、色々あると言われていますが、1073R-1乳酸菌を摂取する事は、かなり手軽にできる方法なので、とてもお勧めです。聞いたことが無い乳酸菌の名前と思っている方もいると思います。しかし「R-1」という名前なら聞いたことがありませんか?

実は、明治乳業が発売している、R-1ヨーグルトが、1073R-1乳酸菌を使っているのです。では、1073R-1乳酸菌のことを、詳しくご紹介していきます。

1073R-1乳酸菌の高性質が話題に

1073R-1乳酸菌というのは、ブルガリア菌の1種です。そんなブルガリア菌の中でも、かなり優れた性質を持った、乳酸菌だと言われています。何が優れているのかというと、1番ともいえる程の、免疫力アップ効果を持っているのです。

そして、NK細胞を活性化させることが出来るので、様々な病気から身を守る事が出来るのです。

NK細胞が活性化されるとどうなる?

NK細胞は、ウイルスに感染した細胞、ガン細胞などを、直接攻撃してくれる、心強い細胞です。つまり、NK細胞が活発に働くようになれば、ガン細胞を抑制して、ガン予防が出来るというわけです。免疫力も上がりますから、病気になりにくい体質が出来上がります。

冬になると大流行する、インフルエンザはウイルスで感染するものです。このインフルエンザウイルスに対しても、NK細胞はしっかりと攻撃をしてくれるのです。しかし、NK細胞がきちんと働ける状態でなければいけません。ですから、1073R-1乳酸菌を摂取して、NK細胞を活性化させるのです。

1073R-1乳酸菌を摂取するには、明治乳業のR-1ヨーグルトを食べたり、ドリンクを飲んだりする方法があります。手軽に摂取できますので、試してみてはいかがでしょう。