乳酸菌を菌種ごとに解説

歯周病を予防する事ができる乳酸菌LS1

乳酸菌で、歯周病を予防できるというのは、あまりイメージが湧きません。しかし、実際に乳酸菌LS1によって、歯周病を予防する事が出来るのです。乳酸菌LS1の作用を見れば、なるほど!と納得が出来る事でしょう。それでは、納得ができるように、乳酸菌LS1の事を、詳しくご紹介していきます。

プロバイオティクスがポイント

乳酸菌LS1は、プロバイオティクス乳酸菌の1種になります。プロバイオティクスは、善玉菌と悪玉菌のバランスを、整えてくれる作用があります。つまり、口内の細菌や常在菌のバランスが取れるようになり、歯周病の改善や予防が出来るようになるのです。

乳酸菌LS1の作用

歯周病菌のジンジバリス菌に対して、乳酸菌LS1が作用すると、死滅させることが出来ます。そして、口腔内の細菌バランスを正常化して、善玉菌として働いてくれるのです。つまり、乳酸菌LS1を摂取することで、口腔内が清潔になり、歯周病菌は居なくなるという事です。

さらに虫歯を抑制する効果もあります。ですから、虫歯がない人でも、予防的に乳酸菌LS1を摂取する人もいます。

摂取するときの注意点

乳酸菌LS1は、摂取している間は、口腔内にその効果を発揮してくれます。ですから、歯周病の治療をしている人や、改善を目指す人は、摂取し続けるのが理想です。その後、歯周病が完治した時に、乳酸菌LS1の摂取を辞めると、少しずつ口内からその効果は無くなっていきます。

しかし、歯周病が治っていれば問題はありません。ただ、再発の可能性がある人は、乳酸菌LS1を定期的に摂取していると、安心です。どの程度摂取したらいいか分からない時は、歯科医院へ行き相談をすると、適切な摂取期間などを教えてもらえます。

どうやって摂取する?

乳酸菌LS1は、サプリメントとして、市販されています。その商品ごとに記載されている分量を目安にして、毎日摂取していけば問題ありません。また、自分の判断では難しいという人は、歯科医院で相談をするといいでしょう。